FC2ブログ

オカルトSEOブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リファラスパム

こんにちわ^^

運営サイトタグTAGのトップページへ逆アクセスランキングを設置していますが、最近リファラスパムが酷くなってきました…

この「タグTAG」はモバイル版Yahooカテゴリに登録されている事もあり、当初、当サイトをリンクしてくださっているサイト様へ微力ながら質の良い被リンクとなるよう設置したのですが、リファラスパムにより悪用され始めてしまいました(ToT)

予測はしていたもののここまで酷いとは(笑)

このリファラスパムは、SEO対策用のソフトとして2万~10万円で販売されているものを使用していると思われます。
皆さんも見た事はありませんか?
『ほったらかしで月収100万』
『ほったらかしで被リンク1万件獲得』
『たった5分の設定でアクセスが今の〇倍』等々。

このような夢のような話は、蓋を開けてみると「スパムソフト」だったなんてよく聞きます(笑)

リファラスパムだけではなく、世に言われるスパムソフトとは
・メアド収集Bot
・掲示板自動投稿ツール
・Proxyミラーサイト作成ツール
等がありますが、こういったソフトの仕組みは、まずソフト利用者が検索エンジンで上位表示させたいURLや宣伝したいURL等、任意の設定をするだけで、あとはソフトが自動でクローラの如く大手検索エンジンを巡回し、対象ページを見つけると定期的にデータ収集、アクセス、投稿を続けるものです。

対策としてメアド収集Botは、アドレスを10進数に変換するだけ。
掲示板自動投稿ツールに関しては投稿に認証等のクッションを付加するだけ。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 18:58:32|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロキシ(プロクシ)ハッキングスパム

こんにちわ^^

一般的にプロキシ(プロクシ)サーバーは「proxy=代理」と文字通り、身元を隠しつつPCサイトを携帯から見やすいように変換して閲覧出来たり、サーバーに一時的にキャッシュデータを保存する役割もあるため、ミラーサイトに利用したり、サーバー負担を軽減するためアクセスを分散したり出来る非常に便利なプログラムです。

しかし、その便利な機能を利用し、悪意のあるプログラムを仕込み、プロキシサーバーが、人気サイトや個人情報が保存されているサイト等、あたかも自分のサイトであるかのようにGoogle等、大手検索エンジンにインデックスさせる「インデックス乗っ取りスパム」が存在します。

検索エンジンで表示される典型的なURLの例は
http://proxy.com/www.aaa.com/
等、プロキシサーバーURL後に乗っ取るサイトURLが付加されたURLになります。

こうなると検索エンジンは、オリジナルURLと全く同じ表示のサイトなのでこのプロキシサーバー偽URLをオリジナルURLに置き換えインデックスしてしまう恐れがあるのです。

するとどうなるか…

検索エンジンがURLを偽URLに置き換えてしまうと、オリジナルURLインデックス抹消の恐れも。



■プロキシサーバーハッキングによるオリジナルURLGoogleインデックス抹消の流れ

1.Googleクローラがハッキング偽URLを発見しインデックスするためにキャッシュ

2.GoogleはオリジナルURLではなく、偽URL
http://proxy.com/乗っ取るドメイン/
等でインデックス

3.Googleは複製ページとして偽URLではなく、オリジナルURLをペナルティーとしてインデックスから抹消


続きを読む
  1. 2011/01/26(水) 08:05:31|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゲっ!これも消えてた!

こんにちわ^^

今回もスパム実践結果なんですが…
またまたGoogleから消えたサイトが二つ程(>o<)

【隠しリンクスパム】
これはかなり有名なスパムなので試みてみました。
背景色とアンカーテキスト色を同じにしてキーワードを仕込み、同じような手法で10個程配置。

結果、約3ヶ月前にインデックスされ本日思い出し、検索してみると抹消されてました…いつの間にかf^_^;



【隠しテキストスパム】これも背景色と同じ色でFONTサイズを小さくし、随所にキーワードを配置。

結果、上記と同じように、約3ヶ月前にインデックスされ、本日検索してみると、どこにも見当たらない…site検索しても出てこない…



【結論】
これら二つのスパムは、大幅に順位が下がるといった甘いものでは無く、完全抹消。スパムページ確定です。
よくある『これらはスパムの恐れがあるので注意。』
では無く
『これらは確実にスパム。絶対やってはいけない!』
なのです。

『スパムの恐れ』とかあいまいなものでは無く、『スパム確実!』
続きを読む
  1. 2010/04/17(土) 21:14:39|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

複製ページスパム

こんにちわ^^

現在のスパムとして
『同じ又はほぼ同じページを大量に制作するとスパム』
というものがありますが、本当にそれだけでスパムになるのでしょうか?

ふたつ程実践し、結果が出ましたのでご報告いたします。

【コピーページ約5000ページ作成】
これは当サイト『一括宣伝モバイル』で使用している『宣伝掲示板』100件です。
これらは同じソースを少しづつ改編し、大量に制作したコピーサイトです。
このサイト群がスパムになったか?ですが…
全く問題なしです。スパム否定です。
また、それぞれ別URLとしてインデックスされ、被リンクとしても認識しています。

【別サイト(異なるドメインサイト)のページをコピー制作】
これはマズかった…
インデックスされ、2週間でGoogleから消えました。現在も抹消中。
すなわち、同じドメイン(同じサイト内)での同様ページは、よくある当たり前の事でスパムにはならない。なってはいけない事。
しかし、別ドメイン(別サイト)のページをコピー制作はスパム確実。
プラス、他人のサイトであれば著作権侵害の恐れも…
続きを読む
  1. 2010/04/16(金) 16:52:21|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

被リンク大量獲得スパム

こんにちわ^^

いまだにあちらこちらで
『短期間大量被リンク獲得はスパム!』
の警告?を見ますね。

さぁ、その『大量』とはどのくらい?
大量大量って…
ただ大量だけじゃわからん!
100か?200か?1000か?

なぁんて思っていませんか?

ぶっちゃけ『大量被リンク獲得スパム』は都市伝説にすぎません。
短期間に100や200程度の被リンクを獲得して心配している人もいますが、全く時限が違います。

わたしは二つの『検索エンジン一括登録ソフト』を使用し、数時間で約5000件の検索エンジンに登録したことが何度かありますが、スパム認定されるどころか、順位が上がった程です。
続きを読む
  1. 2010/04/07(水) 17:16:30|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠しリンクスパム

こんにちわ^^

スパム実験の結果がまたひとつ完了しましたのでご報告いたします。

今回は「隠しリンクを施すとスパム!」です。

これは殆どのSEO支援サイトに記載されていますね。
このスパムに関してはわたしもヤバいと思い、捨てサイトで試みてみました。

リンクタグa hrefにURLのみテキストなし10個。
imgタグに画像ではないURLを10個。

これをトップページに仕込みインデックス更新を待ちました。
こういった実験をする際、いつもMETAサイト説明文タグに予め変化を加え、更新の確認しています。

まぁ、捨てサイトなだけあって被リンクが少ないため、インデックス更新までには1ヶ月も掛かってしまいましたf^_^;

上記スパムの結果ですが…

スパム施工前は恥ずかしながらGoogle47位。Yahoo圏外ギリギリ93位でした。
スパム施工後はGoogle46位。Yahoo97位です。

はて?

殆ど変わりなしですね^^

この順位だと、スパムフィルターに引っ掛かった様子はありません。
続きを読む
  1. 2009/08/03(月) 13:04:30|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパムについて『被リンクスパム』

こんにちわ^^

今回は「短期間に被リンクを急激に増やすとスパム!」について記述します。

被リンクとは
1.検索エンジンから
2.ランキングから
3.ホームページから
4.自サイト子ページから5.自動相互リンク集から
等ですね。

1.2.の検索エンジン及びランキングに関しては現在のところ問題はありません。以前にもこの件に関して記載していますのでこちらを閲覧ください。

3.4.のホームページから及び自サイト子ページからですが、こちらはスパム対象になる被リンクがあります。
例えば、空のホームページや子ページを作り、被リンクを集めたいURLをリンクし、被リンクだけを目的とした様なページを大量に制作するとスパムとされます。
この件に関してはYahoo!やGoogleにも記載されているので間違いないかと思います。

続きを読む
  1. 2009/05/19(火) 12:49:37|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパムについて『h*やstrongタグ』

こんにちわ^^

今回は「h1等の見出しタグやstrongタグの本来の表示を意図的に変更するとスパム!」についてです。

これはh1であれば、大きく太く表示されるタグを、CSSやfontタグ等で小さくしてしまうとクローラにスパムとされてしまうというものです。
同じく、strongタグに関しても、太文字を通常表示に変えてしまう行為です。

わたしが運営している「アクセスアップSEO方法」では、上記の見出しタグ及びstrongタグは、すべてCSSで表示変更しています。今でもです。

これは、重要度付けする為、キーワードにstrongタグを使用しています。しかし、PCで見ると太文字ばかりになり見づらいための変更です。
また、見出しタグについては、携帯の小さい画面で見ると改行されてしまい、こちらも見づらくなるためです。

はたして、この行為の何処がスパムなのでしょうか?

「アクセスアップSEO方法」を公開して約1年になりますが、ずぅっと意図的に変更したままです。
ところが、スパム認定されるどころか、検索エンジン上位表示されたままです。

続きを読む
  1. 2009/05/15(金) 14:57:43|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパムについて『キーワード密度』

こんにちわ^^

今回はキーワード密度スパムについて記述します。

NET上や本で「キーワード密度は5%!」
これはもう合言葉のようになっている言葉です。
しかし、5%ではなく、5%前後なのです。
この前後と言うのは2%から8%を指しますのでかなり幅がありますね。

あるSEO業者が「キーワード密度を10%以上にすると検索エンジンから消されます」と豪語していました。

ほんとっ?

わたしが運営している「アクセスアップSEO方法」でお話しますが、単語「SEO」でキーワード密度を測定したところ、15%もありました。
しかし、Googleにて「SEO方法」で検索すると1位。Yahoo!では7位となります。

消される所か、上位表示されています。
また、15%は確かに密度が高すぎるので、10%まで落として、再びクローラがインデックス後に検索してみると…

なぁんにも変わりゃしません!Google1位。Yahoo7位です。
5%も密度を落としてこの結果。 続きを読む
  1. 2009/05/12(火) 09:35:58|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパムについて

こんにちわ^^

今回は検索エンジンスパムについて記述します。

「ホームページタイトルにキーワードをダブらせるとスパム!」
この事は、いくつかのSEO関連のサイトに書かれていましたので試してみました。

当サイト「タグTAG」において、以前はタイトルタグに
「タグTAG-HTMLタグ生成」だったのですが今回、「-HTMLタグ生成」を削除し「タグTAG」にして、キーワード「タグ」のダブりを解消してみたのです。

そして、クローラが新しいタイトルでインデックスされた後、キーワード「タグ」で検索してみたところ…

Yahoo!ではカテゴリの紹介文やタイトル以外はキーワードに引っ掛かりませんので影響はありませんでしたが、Googleでは思わぬ結果が…

「タグTAG-HTMLタグ生成」の時は7位!
「タグTAG」にしてキーワード「タグ」をひとつにすると17位になってしまいました。

うぅ~ん…
「タイトルにキーワードをダブらせるとスパム!」
これ怪しいです!

確かに必要以上に同じキーワードを含ませると減点対象になるかもしれませんが、2つや3つ程度なら問題ないのではないでしょうか…

続きを読む
  1. 2009/05/11(月) 13:12:05|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。