FC2ブログ

オカルトSEOブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパムについて『キーワード密度』

こんにちわ^^

今回はキーワード密度スパムについて記述します。

NET上や本で「キーワード密度は5%!」
これはもう合言葉のようになっている言葉です。
しかし、5%ではなく、5%前後なのです。
この前後と言うのは2%から8%を指しますのでかなり幅がありますね。

あるSEO業者が「キーワード密度を10%以上にすると検索エンジンから消されます」と豪語していました。

ほんとっ?

わたしが運営している「アクセスアップSEO方法」でお話しますが、単語「SEO」でキーワード密度を測定したところ、15%もありました。
しかし、Googleにて「SEO方法」で検索すると1位。Yahoo!では7位となります。

消される所か、上位表示されています。
また、15%は確かに密度が高すぎるので、10%まで落として、再びクローラがインデックス後に検索してみると…

なぁんにも変わりゃしません!Google1位。Yahoo7位です。
5%も密度を落としてこの結果。
現在の検索エンジンは昔と違い、数値だけのアルゴリズムでは無いのです。
昔は「SEO、SEO、SEO、SEO、SEO」と不自然に記述しても数値でしか見ていませんでしたので、上位表示の対象になっていたようですが、現在のクローラは極端な話、「人工知能」に近づきつつあると思います。

ホームページ作成支援で超有名なサイト「おタグるーむ」さんがあります。
このサイトを「タグ」で検索するとGoogleでは3位です。Yahoo!ではカテゴリ登録されているので対象にしません。

そして、「おタグるーむ」さんの「タグ」でのキーワード密度を調べるとなんと約0%です(携帯モード)。タイトルにタグは含まれてはいるものの、テキスト内には「タグ」という単語をほとんど使用していません。
それでも「タグ」検索3位なのです。

いかに世間が言う「キーワード密度5%」がいい加減になって来ているかがお解りですか?

クローラは文法チェックもしていますので、不自然なキーワード配置をしない限り、そんなに気にする事はないと思います。

経験上、キーワード密度15%までは大丈夫だと思います。
てか、15%以上は試した事がありませんが…

[HOME]

スポンサーサイト
  1. 2009/05/12(火) 09:35:58|
  2. スパム関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スパムについて『h*やstrongタグ』 | ホーム | スパムについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tagtagblog.blog22.fc2.com/tb.php/16-4149828c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。