FC2ブログ

オカルトSEOブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

H1見出しタグの位置

こんにちわ^^

見出しタグはSEOに有効とされていますが、むやみやたらに記述出来るタグではないので、見出しタグの位置と数には注意が必要ですね。

数に関しては、H1は一つだけ。H2~6は複数使用可能ですが、位置に関して理想はH1から始めましょう。

【例】
<h1>見出し</h1>


<h2>見出し</h2>


<h3>見出し</h3>


<h2>見出し</h2>


<h3>見出し</h3>



こんな感じですね^^

しかし…
『Body先頭を検索エンジンは重視するのだから、BodyにはまずH1から記述したら最強だよね』
と言っていたSEOサイトがありましたが、それは間違いです。

確かに一昔前の検索エンジンには効果絶大だったかもしれませんが、現在は状況が変わっているようです。

見出しタグやstrongタグ等、SEO有効タグとして有名になりすぎましたから、現在の検索エンジンでは少々厳しくなっています。
特に、このタグの前後のテキストも考慮した評価をしますので、むやみやたらに記述しても、かえってマイナス評価対象になります。

まして、BodyをH1から始めるのは以前程の評価は得られません。

むしろ、Pタグから始め、早い段階でH1を使用する方が評価を得られるようです。

現在の検索エンジンには『あからさまなSEO対策は通用しない!バランスがよく、ほど好いSEOタグの使用が好ましい!使いすぎはかえってマイナス』

現在のSEO対策の心得としては、あまりSEOばかり気にしてページを制作すると圏外。
時々、思い出したようなSEOタグの使用は圏内。

これが現状です。
SEOは、ますます難しくなって来ています。

[HOME]

スポンサーサイト
  1. 2010/03/27(土) 08:28:57|
  2. SEO関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<被リンク大量獲得スパム | ホーム | スパムソフト対策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tagtagblog.blog22.fc2.com/tb.php/71-d6d8a83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。