FC2ブログ

オカルトSEOブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

応答速度アルゴリズム?

こんにちわ^^

最近、米Googleのアルゴリズムに新たに『応答速度』を追加予定との事。
いずれ日Googleにもそのアルゴリズムは受け継がれる事でしょう。

Google自ら極秘であるアルゴリズムのひとつを公開しましたが、その思惑とは…

「うちが以前から進めているWEB高速化(コストダウン)の一環として、応答速度をアルゴリズムに追加。上位表示の対象になるから、ツール等を利用し、あなたのサイトの応答速度を早めなさい!」
と言う、なんともSEOを使った運営者泣かせの営業アルゴリズムなんですが、このアルゴリズムの重みは全体の1%以下だとか(大爆笑)

Googleが一般公開するアルゴリズムなんか、そんなもんです。
意識したからって順位にさほど影響しないから公開するんです。
もし、これが重要な位置付けであれば、公開したその時から、Googleは荒れます。
サイト運営者が、こぞってその対策をすれば検索順位は目茶苦茶になりますからね^^

まぁ『やらないよりマシ!』程度にしておかないと、応答速度ばかりを気にして、逆に順位を落としかねません。
とりあえず、対策を急がず、今は様子見です。

ところで…
今回のアルゴリズムは『応答速度』と『表示速度』の事なのか?

『応答速度』とはネットワーク自体の速度。すなわち、アクセス先に繋がるまでの速度。

『表示速度』とは、ブラウザに依存した速度。アクセス先に繋がり、ページ全ての表示が完了するまでの速度の事。

最近、この応答速度アルゴリズムが追加との話題で、ページを軽くする事ばかり考えている運営者が多いように思いますが、確かにページ容量も大事ですが、今回のアルゴリズムは主に
・RSSを利用したページ
・掲示板
・WEBツールページ
等、動的ページを指しているものなのではないでしょうか…

特に、モバイルサイトは多少ページ容量が重くても繋がる事は繋がりますが、動的ページに関しては、そのページのプログラム処理が終わるまで、いつまでたってもページのぺの字も出てきません。

Googleはこういったネットワーク接続の負担を軽減する『応答速度高速化(コストダウン)』に取り組み、サイト運営者のSEO心に付け込み、更なる利益を上げる経営戦略(今回のアルゴリズム公開)に出たのか。
『表示速度』は建前上のオマケじゃないの?(笑)

今回のアルゴリズム追加公開の本意はGoogleの営業に過ぎないと推測した!

と言うか、重みが1%以下なら動的ページであっても、わたしは今まで通り制作しますがね(笑)



【疑問】
応答速度と言うが、レンタルスペースやレンタルサーバーで運営しているページは、必ずサーバーの不具合や容量、アクセス時間により速度は変化するが、それはGoogleがキャッシュした時の速度が評価されるのか?運営者は泣き寝入りか?

掲示板は、ページ書き換えとbot訪問が重なった場合、多少応答が遅くなるが、それもマイナス評価になるのか?

ネットワーク自体の不具合でマイナス評価にならないのか?

画像やタグを駆使した見栄えの良いサイトは重くなり、当然速度低下によりマイナス評価なのか?



そんな馬鹿げたアルゴリズムなんか有り?

うぅ~ん…
考えてたらアホらしくなって来た(笑)
やっぱり、このアルゴリズムをサイトに加味しない事にき~めた!
こんな、Googleの経営戦略になんか乗ってやらね~よ~だ(-.-;)

[HOME]

スポンサーサイト
  1. 2010/04/19(月) 19:42:57|
  2. SEO関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マニア向けサイトのすすめ | ホーム | ゲっ!これも消えてた!>>

コメント

(・・;)

Asha師匠!

この話題‥
心配して損した(T_T)

詳しいご説明に納得致しました。
  1. 2010/04/19(月) 20:58:57 |
  2. URL |
  3. 直丸 #-
  4. [ 編集 ]

社長
コメントありがとうございますm(_ _)m

とりあえず様子見だと思います。

コストダウンの為にSEO信者の心に入り込んだ心理戦略(笑)

わたしは臍曲がりなんで、そういう捕らえ方しか出来ない哀れな人間なのですf^_^;
  1. 2010/04/20(火) 12:51:22 |
  2. URL |
  3. Asha #R5uPEqOw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tagtagblog.blog22.fc2.com/tb.php/79-c8a7c9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。